5年前くらいまでは、美の追求のためには、エステやジムに通う、ヒアルロン酸注射とか、整形とか…他力に依存することがステイタスだったところもあると思うのですが、今は自分で鍛えることが主流になっていますね。

ライザップなども、補助スタイルです。

自分で自分を鍛える方法にシフトしていることがわかります。

自分に向き合うことの大切さが精神的にだけではなく、肉体的にも必要で、両方のバランスが取れていなければ健康ではいられないことに気づき始めたからであると考えます。

健康に対する考え方も、若々しさも美しさも見えないところから湧き出て来るものという価値観に代わっています。

口腔美メソードは、肉体の内面に目を向けることの大切さに気づいている方に始めていただきたいメソードです。

口腔内を鍛えるとは、筋肉を鍛えること

口腔内は、鏡を使っても、そのすべてを見ることが困難な箇所ですね。

なかなか様子がわかりませんし、どのような動きをしているのかも想像の域を出ません。

口腔内に筋肉があって、その動きによって、呼吸を助け、食べ物を飲み込み、言葉を発していることさえも意識せず過ごしているのではないでしょうか。

声楽の道を歩むと、少なくとも口腔内のことを考えるようになります。

発声の正しいポジションを探る日々で、口の大きさ、空間の作り方、音の送り出し方、音程の安定感…たくさんの課題に向き合っていくうちに、筋肉がキープ、ムーブ。

その感覚をまずは知ること。

いつか自然になること。

そして、呼吸に等しい音を身体が奏でるようになる。

このような声楽発声法のメカニズムは、呼吸のストレスを矯正する手助けをしてくれます。

声楽家のように歌うことは相当な鍛錬が必要になりますが、日常生活における口腔内の質の向上は目指すことができます。

口腔内の筋肉が活性化するのです。

口腔内の筋肉が活性化すると、表情が変わる

口腔内の筋肉を活性化させるためには、口の中の筋肉を動かすことができるようになる必要があります。

そして、口腔内の筋肉を動かすためには、顔や首の筋肉も補助的に協力的に動いているのです。

連動しているということですね。

口腔美メソードのストレッチを続けると、表情筋が一緒に動きます。

それによって、顔や首を内側からストレッチして活性化させるのです。

活性化させるということは、血流がよくなり、筋肉も組織も力を取り戻すことができます。

そうなると、もうお分かりだと思いますが、肌も活き活きとしてきます。

筋肉が動きやすくなり、表情を豊かにしていくのです。

若返りを目指すわけではありませんが、忘れがちな顔の小さな筋肉の活性化が、結果的の美しさと健康をもたらしてくれます。

呼吸は誕生の証…口はすべての入り口

「口はすべての入口」という言葉を耳にしたことはありませんか。

取り入れること、吐き出すこと、確かに正しい流れであれば、口は入口です。

呼吸、食べ物、飲み物、言葉…口から口腔内を通って、体内へと送られていきます。

できるだけコンディションのよい状態のものを体内に送るためには、口腔内のコンディションが大事になってきます。

皆さんは、歯のコンディションについては大切だと認識していると思います。

できるだけ虫歯にならないように、歯槽膿漏にならないように、歯磨きをこまめにしたり、カルシウムを摂るように気をつけていたりするのではないでしょうか。

その他、歯の健康のためにも大事だと言われているのが、唾液の分泌量ですね。

口の中が乾きやすいと雑菌が繁殖しやすくなり、飲み込みが円滑に行いにくくなります。

話もしにくくなります。

口臭もきつくなります。

このような状態の改善にも、口腔美メソードのストレッチは助けになります。

口腔美メソードの役割

口腔美メソードは、筋肉が助けている呼吸の感覚を取り戻すことを目的としています。

口腔内、ひいては肉体のコンディションを整えるために呼吸がいかに助力しているかを感じていただきたいと思います。

人間には感覚機能、知能が備わっています。

近世の人間は、これらを発達させることに重点を置いてきました。

その結果、肉体そのものも科学的にコントロールする志向になっています。

それを否定するものではありませんが、自分の持っているものを自分で知るためには、原点=呼吸した瞬間に立ち返るような感覚に出会うことも必要だと思います。

美しい自然体を取り戻したいと感じられるように、お手伝いしていくことが一つの役割ではないかと考えております。

********************

ムジカマニフィカが自信を持って提供する【口腔美メソード】を一度体験してみてください。

Page:Musica Manificaについて