Thanks Event 音楽ブランチ:貴婦人のサロンの様子/正統派クラシック.com

2017年9月17日(日)13:30~ 四谷三丁目のガイヤールにて、【音楽ブランチ:貴婦人のサロン~クラシック音楽とオペラの芸術・文化に触れながら~】を開催いたしました。

この日は、台風18号が日本列島を横断するということで、全国的に警戒している中での開催で、お足もとの悪い中、お客様にはお越しいただくことになってしまいましたが、「とても楽しかった」「おもてなしに感激」というお言葉をたくさんいただき、出演者、スタッフ一同、心より感謝いたしております。

Musica Magnificaの伝えたい”本物”

この【音楽ブランチ:貴婦人のサロン】は、Musica Magnifica(ムジカ・マニフィカ)が目指している<本物:その人そのものの姿>が創り出す美しく華やかな時間を過ごしていただきたい…という気持ちで企画プロデュースしました。

また、クラシック音楽やオペラは敷居が高いということから、世の中の流れとしては、馴染みやすいように誰もが知っている選曲にしたり、他の音楽ジャンルとのコラボレーションなどの公演やイベントが多くなっていますが、それに逆行するかのように…

◇本流はどこにあったのか?

◇当はどんな楽しみ方をされ、現代に受け継がれてきたのか?

◇クラシック音楽が流れると、どんな時間が創り出されるのか?

というところに、切り込んで企画を立ててみました。

クラシック音楽×占星術~ステラマリス♢茉利名さんとともに

そして、占星術家のステラマリス♢茉利名さんをゲスト貴婦人としてお迎えして、1700年半ば~1900年前半のクラシック音楽やオペラの変遷や発展と、歴史的背景や出来事との結び付きを占星術で紐解いていただきました。

この時代、占星術的にも大きな変化の時で、望遠鏡が発明されたことで、肉眼では見えなかった惑星、1781年に天王星、1846年に海王星、1930年に冥王星(2006年に準惑星となる)が発見され、占術も古典占星術から現代占星術へとブラッシュアップされたということもあり、音楽と占星術が歴史の中でシンクロしていることもお話することができて、驚きをもって聞いてくださった方々も多くいらっしゃったようです。

開催プログラム

第1部と第2部で演奏した3曲は、今回のテーマとした1700年半ば~1900年前半の特徴が出ている選曲でした。

~クラシック音楽とオペラの芸術・文化に触れながら~

第 1 部 演奏 Part1

◆ G.F. ヘンデル 作曲  歌劇「ロターリオ」より
アデライーデのアリア“小舟は海に戯れる”
G.F. H ändel
Scherza in mar la navicella dall’opera “Lotario”

第 2 部 ラグジュアリー・トーク

◆貴婦人が愉しんだクラシック音楽と占星術
◆ 2017 年度後半の 12 星座別ラグジュアリー・メッセージ

~ティータイム(休憩)~

第 3 部 演奏 Part2

◆ G. ドニゼッティ作曲 ジプシーの女
G.Donizetti La zingara

◆ G. ロッシーニ作曲 歌劇「セヴィリアの理髪師」より
ロジーナのアリア“今の歌声は”
G.Rossini
Una voce poco f à dall’opera ” Il barbiere diSiviglia”

~斉唱:ローレライ~

キャスト&場面設定

お客様に見える人は、全員キャストという考え方で、それぞれ配役がありました。

《貴婦人のサロン キャスト 》

◆賛助出演:
ステラマリス♢茉利名(占星術とタロットに精通する貴婦人)

◆出 演:
・岡嵜峰子(貴婦人がパトロンのソプラノ歌手)
・杉原庸子(貴婦人の姪のピアニスト)
・滝昌子(貴婦人がお気に入りの熟女女優)
・梅津真美(貴婦人が可愛がっている女優の卵)
・夏宗なつ(貴婦人の親友)

・笠原さや花(貴婦人の親友の友人 パーラーメイド)
・狩野恵(貴婦人の親友の友人 パーラーメイド)

【場面設定】

伯爵家の貴婦人は、占星術家でもある。しかし、主はそれをよく思っていないため、せっかくの能力を披露する場がない。そこで、いつものように親友に相談をする。

そこで、親友の計らいで、親しい貴婦人の皆様にお集まりいただき、パーティを催すことになったというのが、本日のサロンの設定です。
貴婦人お気に入りのソプラノ歌手、ピアニスト、女優、女優の卵が花を添えます。
皆様には、華やかな時間をお過ごしいただきたいという気持ちで開催することにした【音楽ブランチ:貴婦人のサロン】でした。

 

*******************************************

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

次回は、年末を予定して企画して参りますので、心にお留め置きいただけましたら幸いに存じます。

 

Page:Musica Magnificaについて

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です