ムジカマニフィカ コスチュームデザインの打ち合わせ

18世紀、19世紀、20世紀初め頃は、

貴婦人のサロンがさかんに行われていた時代で、

作曲家の個性が評価されパトロンになる貴族も少なくありませんでした。

また、劇場上演だけではなく宴会の余興としても楽しまれ、

庶民が触れる機会も増え、クラシック音楽やオペラの最盛期でもありました。

ムジカマニフィカの正統派クラシックは、まさにこの時代と貴婦人のような気分でクラシック音楽を愉しんでいただきたい…
雰囲気づくりと正統派クラシックを新しいアプローチでお届けしたいと考えております。

コンセプトワードを
貴婦人のサロン
として、お客様に貴婦人のようなクラシック音楽の愉しみ方をご提案して参ります。

そこで、

私たちは、雰囲気づくりのためのコスチュームデザインに取り掛かりました。

デザイナーは、ずっと活動を共にして来た宮崎礼子さん(宮崎縫製)

宮崎さんは写真中央の白いシャツの方です。

今日は、一人ひとりのイメージに合わせて描いたデザイン画を発表してくれました。

下の写真は2人分のデザイン画です。襟の開き具合やボタンまで丁寧に書き込まれています。

それぞれ、自分も納得、他のメンバーも納得の
素敵なデザインが上がって来ました。

生地や色合いについても宮崎さんから説明がされました。

この下の写真は宮崎礼子さん(左側)、代表の岡嵜(右側)が熱心に打ち合わせしております。

 

採寸が終わった後も、さらに衣装について語り合いました。
正統派クラシックを醸し出す重要なコスチュームです。

 

♪.・*クラシック音楽は、ちょっと高尚と思われがちですが、
音楽のルーツ、歴史や政権背景も遡ることも出来る、
実は人類に寄り添って来たものの一つなのです。

また、クラシックの声楽発声は、音楽技法の発展とともに
構築されて来たもので、身体の機能、特に筋肉の状態と
密接な関係があります。

私たちは、クラシック音楽に関して、
まだまだ皆さんに知っていただきたいことがたくさんあります。

随時、お伝えしていきますね。

どうぞお楽しみになさっててください。

 

 

代表の岡嵜が講師をつとめます声楽レッスンの詳細はこちらでご確認くださいませ。
スクール案内

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です