今日の音楽用語・音楽記号(9月22日):ムジカマニフィカ/正統派クラシック.com

楽譜に書かれている用語や記号は、ただの「指示」や「ルール」だと思っていらっしゃいませんか?

もちろん、その指示とルールに従って、音楽家は演奏していますし、教育者は教授しています。

しかし、それだけではありません。

作曲者の思いとして、音符、休符の長さ、音程に従って「こんな風に表現してもらえたら、この曲は活きる。」ということを記したものなのです。

楽譜に記された用語や記号は、活き活きと表現するための指標…意外にも私たちを表情豊かに美しくしてくれる言葉です。

今日を美しく生きるために、この言葉を意識してみてはいかがでしょうか。

 

【美しさのための今日の音楽用語】

速さ・強さを次第に変化させるときの表示法・・・次第に速くする場合と遅くする場合

accelerando(accel.)アッチェレランド「次第に速く」 stringendoストゥリンジェンド「次第に急迫して」

ritardando(rit.)リタルダンド、rallentando(rall.)ラレンタンド「次第に遅く」

【今日のおススメ動画】

アルド・プロッティ(バリトン)・・・レオンカヴァッロ作曲オペラ「道化師」より“ごめんください、皆様方”

Aldo Protti(Baritono) –R. Leoncavallo  I Pagliacci – Si Può?- 1961

https://www.youtube.com/watch?v=10Lt_pFt8_8&list=FLk0pIjEtb39JHhSUvWrS9xw&index=76

1961年の東京ではこんな素晴らしい演奏が聴けたんですね。

声楽家だから教えられる【口腔美メソード】

口腔内の筋肉と表情筋を鍛えるストレッチの後には、抒情歌を何曲か歌って筋肉の動きを促進していきます♪

◇10月18日(木)

◇11月15日(木)

14:00~15:15

※9月から20分程度、歌う時間を作ります。ストレッチの効果をしながら歌ってみてください。

吉祥寺第一ホテル 6階チャペルにて

受講料 3000円

お問合せ・お申込みはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です